2022-06-20 2022-06-29

未経験からのエンジニア転職は難しい?【実体験を元に解説】

メイン画像
imagine
未経験からエンジニアに転職するって難しいの?
何が難しいのか教えて!

こんな疑問を解決する記事を書きました。

エンジニアは細かく分けるといろいろな種類がありますが、 この記事ではシステムエンジニアやプログラマーの転職に焦点をあてます。

こんな人におすすめ
  • 未経験からエンジニアに転職しようと思っている人
  • エンジニアに転職する難易度を知りたい人
  • 実際に転職するにはどうすればいいか知りたい人
my-icon
ボクはエンジニア歴7年のフリーランスです。
未経験からシステムエンジニアに転職したボクが実体験を元に解説します!

最初にこの記事の結論を書いておきます!

  1. 20代未経験からエンジニアへの転職は簡単
  2. 30代は難易度が上がる
  3. 大企業にいきなり転職したい場合は難しい
  4. エンジニア転職はメリットが多い

この記事を読んで頂くと「転職する上で難しいこと」や「どうやったらエンジニアに転職できるのか」などがわかります。

エンジニアとして働くことができれば、働く場所や時間を自分で選べるようになりますし、 フリーランスになれば平均年収は800万以上ですので、金銭面的にも余裕ができますよ!

ボクはエンジニアへ転職した結果「良かったこと」のほうが圧倒的に多かったので、エンジニアへ転職することを検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

それでは本題に入っていきます。

未経験者のエンジニア転職は難しい?

difficult-to-change

未経験からエンジニアへの転職は、難しくありません。ただ、これは企業を選ばなかったらの話です。

人気の企業だと、未経験者を転職で採用している企業はほぼないです。(逆にいうと、経験者になって転職は可)

また、年齢や人によっても難しい部分があるので、その点を詳しく解説し、どうすれば転職できるのかを紹介します。

転職が難しいといわれる理由

理由は以下です。

  1. プログラミングの向き不向きがある
  2. プログラミングの学習が難しい
  3. 学習実績を求められることがある
  4. プログラミングだけできてもダメ
  5. 年齢の壁

順番に解説していきます。

プログラミングの向き不向きがある

プログラミングは向き不向きがあり、エンジニアに転職して2、3年経ってから「向いていなかった」と辞めてしまう人も多いです。

初心者がプログラミングの向き不向きを判断する方法として参考程度に、ひろゆきさんの言葉を引用します(YouTubeより)

未経験の人で、プログラマーとして募集っていう会社は無きにしもあらずなんですけど、基本的にはひどいところが多いと思うので、あの自分で勉強したほうが良いと思いますよ。

あの「とほほのwww入門」というサイトでHTMLとJavaScriptぐらいの勉強は自分でもできるので。

もしその自分でやれないのであれば、そのプログラマーとして勉強する気がないということなので、向いてないと思ったほうが良いんじゃないかなと思います。

参照: 未経験エンジニア転職・プログラマー転職、就職の現実

 
ま、これは極端ですが、転職後に向いてなかったとなるときついと思うので、しっかり勉強はしたほうが良いと思います。

プログラミング以外の点で向いている人の特徴は、以下です。(一例です。)

  • 新しいことに毎回適用できる人
  • わからないことを調べて自己解決できる人

エンジニアは仕事内容が数週間〜数ヶ月単位で変わることが多いので、新しいことに毎回適用できる人は向いています。

また、新しいことをやる=不明点がでる⇒勉強するの繰り返しです。そのため自分で勉強して問題解決できる人は向いています。

逆に言うと、これらが苦手な人はエンジニアになってから苦労すると思います。

また、実はプログラミング言語によっても向き不向きがありますが、これは仕事をしないとわからない部分もあるので割愛します。

プログラミングの学習が難しい

あるプログラミングスクールの調査で、プログラミングの挫折率は約9割というデータが出ています。

参照:プログラミング学習者の約9割が挫折を経験 挫折時に「気軽に聞ける環境があればよかった」人が6割に

挫折理由の1位は「わからないことを聞ける環境がない」です。

上でも書いたとおり、プログラマーやエンジニアになりたければ、わからないことをなるべく自分で解決できるようになっておいたほうが良いです。

そうでないと、働いた時に苦労します。

逆に言うと、独学してみてプログラミングの勉強好きだなとか、意外と自分で進められるなという人は全然大丈夫ですよ!最初のボクよりできてますので笑

my-icon
中には歴5年目で急に仕事ができるようになる人もいたと聞きました笑
焦らずにいきましょう!

学習実績を求められることがある

企業の求人によってはプログラミングの学習実績(ポートフォリオ)を求められる場合があります。

学習実績として必要なものは以下です。

0からどの位の作品を作れるか

どのくらいコーディング技術があるか

転職サイトでも「ITに関連する学習経験があると尚可」と記載がある企業は多いです。

ウェブサイトやアプリなど、転職活動前に自分で作る機会があると、こんなもの作ってましたと言えますよね。

ソースコードに関しても、ウェブサイトやアプリを作成していれば、そのコードを見せればOKです。

ソースコードの評価ポイントは「コードが見やすいか、簡単に書けているか。」なので、このあたりを注意しましょう。

なぜなら、エンジニアはチームで仕事をするので、他の人にもわかりやすいソースコードが求められるからです。

プログラミング学習自体が難しいのに、学習実績まで求められるとって感じですよね。実績が不要なところも沢山ありますので、吟味していきましょう。

my-icon
学習実績は独学で作れるので、よかったら 4章見てください。

プログラミングだけできてもダメ

エンジニアは設計やインフラ面の考慮、テストなどいろんなことに対応しなければなりません。 いろんなことに柔軟に対応できそうか?がポイントの一つです。

また、プログラマーもエンジニアもチームで仕事をすることが多いので、コミュニケーション能力が少しは求められます。

コロナでリモートワークが増えたことで、コミュニケーションの質がより重要にはなっています。

リモートワークになってから、対応できる人とできない人が結構明確になりました。

コミュニケーションがスムーズに行く人だと一緒に働いていて楽ですよね。技術があれば別ですが、未経験だとこの点はかなり大事になってきます。

どの職業も一緒ですが、一番重要なのは採用者がその人と一緒に働きたいかです。

⑤年齢の壁

30代以上だと求人の数が減ります。また、面接を受けても、よほど魅力がないと若い人が取られるのが現状です。

しかし、持っているスキルなどでカバーできる場合もあるので、諦めずに行きましょう。

この記事を参考にしていただければと思います。

30代未経験で土木系の仕事からシステムエンジニアの転職に成功した人の話

未経験からエンジニアに転職する方法【ケース毎に解説】

your_case

最近だと、勉強意欲とお金があればエンジニア転職は99%可能です。ただ、ボクのようにお金がなくても転職できる人も山程います。

ケースごとに詳しく解説していきます。

①時間も経済的余裕もないケース

未経験者OKの企業を探してください。具体的には転職エージェントに登録して相談するか、転職サイトで探すかの2択になります。

注意点
  • 完全未経験だと転職先の選択肢が若干減る
  • ⇒やばい企業に当たる可能性

未経験者でも、プログラミング学習経験がある人とない人では、ある人の方が優遇されるところが多いです。

そのため、やばい企業には注意しましょう。求人でSESというサービスしかやっていない会社は要注意です。

これはボクだけの意見ではなくて、他のエンジニアさんも同じようなこと言ってます。(ボクはポートフォリオなく、普通に転職いいところに転職できました。)

企業の選び方は、ボクの転職談も踏まえて3章に書いてあるので、そちらを参考にして下さい。

20代であれば、未経験に特化した転職エージェントがあり、ブラック企業を除外した企業を紹介してもらえるので、おすすめです。

②時間はあるが経済的余裕がない

時間がある場合は方法1か方法2のどちらかがおすすめです。

方法1:独学で力をつけ転職

  1. ステップ1:独学でプログラミングの基礎をつける
  2. ステップ2:ウェブサイトかアプリを作成する※
  3. ステップ3:転職エージェントか転職サイトで転職活動する

※ステップ1と2で3ヶ月〜半年以内を目安にすること

無料の動画や独学サイトで3ヶ月を目安に勉強して、自分でウェブサイトやアプリなどを作成した上で、①の方法で企業を探すのがおすすめです。具体的な勉強方法は4章に。

3ヶ月を目安としたのは、期間を決めて勉強をしたほうが良いからです。

ボクは学習歴が長くて、全然仕事ができない人と結構会ってきました。独学だと無駄な勉強をしてしまうことが多いですし、実践的な勉強をしないと、仕事の役には立ちません。

なぜ事前に勉強したほうが良いかというと、未経験OKの求人でも「プログラミングの独学経験や勉強意欲がある人歓迎」と書いてあるところがほとんどだからです。

プログラミング独学のメリット・デメリットに関しては、以下の記事で書いていますので、独学の際はこちらも参考にしてください。

プログラミングを独学するメリット・デメリットは何?

方法2:無料で教えてもらい転職

  1. ステップ1:職業訓練、もしくは無料のプログラミングスクール※に通う。
  2. ステップ2:転職先を紹介してもらって転職する

無料のプログラミングスクール は良いスクールが1つしかないです。それ以外の無料スクールは就職先が限定される所が多く、おすすめできません。

もしあなたが企業に3年位勤めていて、転職を考えているのであれば、雇用保険でお金をもらいながら職業訓練でプログラミングを学ぶことができます。 そうでなくても、職業訓練は無料なので、検討してみるとよいかもしれません。

また、もしあなたが27歳以下であれば、無料で良心的なプログラミングスクール (辞めても違約金等なし)があります。 まずはここに相談して、自分に合いそうだったら通うのもおすすめです。

③時間はないが経済的余裕がある

働きながら通えるプログラミングスクールに行くことをおすすめします。

お時間のある時に条件が合うか無料相談 してみるといいと思います。

その時間もないという場合には、①の方法がおすすめです。

④時間と経済的余裕がある

お金を使いたくなければ、②の方法でやりましょう。

そうでなければ、一ヶ月くらい独学でプログラミングを学んだ後にプログラミングスクールの転職保証コースに通って転職するのがおすすめです。

独学しておくと、スクールに入ったあとで勉強効率が上がるのでおすすめです。

転職率が高いプログラミングスクールうち、3社くらいが転職率が98%以上なので、ほぼ転職できます。

③の方法で紹介したスクールか、以下のスクールが転職率が高いです。

TECH::CAMP(テックキャンプ)

【体験談】未経験のボクがエンジニアに転職するまで

my-job-change

元々ボクはフリーランスの動画編集者として働いていました。

その当時、まだ流行りかけだったYouTubeの編集をやっていて、なんとか暮らせるほどの収入は得ていました。

しかし、ボクは学生時代に休学して番組制作会社で1年フルで働いていた経歴しかないので、編集技術が高いわけではありませんでした。

my-icon
このまま続けると、いつか食えなくなると不安に駆られまして、、
転職を考えました。

以下、ボクの転職までの流れです。

1ヶ月間プログラミングを独学する

まず最初にプログラミングの知識をつけようと思い、プログラミングを独学しました。

具体的にやっていたことは本を使った「Javaの勉強」です。

当時(6年前くらい)はプログラミングスクールも今のようになかったですし、 他の教材もそこまで優れたものがなかったはず、、、なので本での勉強でした。

my-icon
ただ、勉強の仕方がこれでいいのかわからないし、
何が仕事の役に立つかも全くわからなかったんですよね。。

勉強を始めて一ヶ月後くらいに、実践的にプログラミングを学ぶ必要があると思いまして、転職活動をすることにしました。

転職サイトで転職活動する

転職サイトで求人を探して応募しました。理由は単純で、当時は今のようにエンジニア未経験者向けの転職エージェントとかプログラミングスクールがなかったからです。

当時も未経験で雇ってくれる会社はあったので、片っ端から応募しました。

いくつか面接を受けて、あっさりと受かってしまったので、そこに入りました。

残業なしで、未経験からでも育ててくれて、実務にすぐ関われる会社にいきました。今思うと本当に良心的な会社に入れたと思っています

企業選びの軸は、以下がおすすめ。

  • 実務経験を積ませてくれる
  • 残業が少ない
  • 自社開発や受託開発をやっている

企業選びに失敗しない方法を詳しく知りたい方は、以下をよんでください。

未経験からのエンジニア転職で選ぶとやばい会社の特徴5選

転職のためのプログラミング学習方法

trust

「逆算勉強法」を使ってプログラミングを学んでいきましょう。逆算勉強法はゴールから逆算してやるべきことを棚卸しし、スケジュールに落とし込み、 効率的に勉強していく方法です。

  1. 目標を立てる
  2. 無料の学習サイトで基礎をつける
  3. 実践的に学ぶ(実際にものをつくる)
  4. 独学が無理ならスクールを使う

目標を立てる

まずは、なんのために勉強をするのかを明らかにしましょう。 この記事を読んでくれている方は、転職したいと思っている方だと思うので「転職すること」を目標にしましょう。

転職するために必要なことを逆算すると必要なことは一つです。転職に有利な学習実績を作りましょう。

より具体的に言うと、ウェブサイトやアプリなど、自分の作りたいものを作ることです。

作りたいものを決めるためには、学習する言語を決める必要があります。

言語の決め方は、以下の記事を参考にしてください。読むのが面倒な方向けに、ボクからのおすすめ言語と用途を書いておきます。

プログラミング言語の用途一覧
主な言語 使用分野の例
HTML/CSS/Javascript/PHP/Ruby Webサイト制作・デザイン
Java/Swift(iPhone) スマホ・Webアプリ開発
C#/C++/Java/Python システム開発
C#/Python AI(人工知能)・機械学習
C#/JavaScript ゲーム開発
C#/Python 高速処理・自動化
C++/Java/Python ロボット開発
Java/Python IOT

プログラミングでモノ(ウェブサイトやアプリ)を作るためには、最低限の基礎学習が必要なので、学習をしていきましょう。

以下、基礎学習〜実践的に学ぶ方法を詳しく解説していきます。

無料の学習サイトで基礎をつける

まずは基礎を学ぶ必要があります。おすすめは以下の無料サイトです。

Progate(プロゲート)

  • 世界中に展開されている
  • 実際にものを作りながら学べる
  • 無料の範囲である程度基礎知識が身につく

Progate

ドットインストール

  • 無料の動画教材
  • 1動画3分と短い時間で学べる
  • 動画の種類が豊富

ドットインストール

どちらか自分に合う方を使って勉強していきましょう。

ここでの学習はそこまで時間をかけずに、ある程度網羅できたら、次に進むといいです。

実践的に学ぶ

実践的に学ぶには「Udemy」という動画教材か、独学とスクールの中間的な「侍テラコヤ」というサブスク型サービスがおすすめです。

Udemyとは

Udemyの特徴は以下です。

  • 幅広いジャンルを扱っている動画教材サイト
  • サブスクではなく買い切り型
  • 返金保証がある
  • 講師にQ&Aできる
  • 大企業の研修でも使われるなど、良教材が揃っている

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

このサイトで、自分の学びたい講座を探して、購入してみることをおすすめします。

講師がどんな人かもわかりますし、コース内容や作成できるものなど詳しく書いてありますので、一度見てみると良いです。

私がおすすめする教材は以下です。全て最終的にモノを作成できるので学習実績にできます。もし、学びたいプログラミング言語があれば、おすすめです。

Java超初心者でも大丈夫!挫折させないJavaプログラミング講座~基礎固め編~

⇒全体的にわかりやすい。最後に勤怠プログラムを作成できます。また、この講座の応用編 では簡単なゲームも作れます。

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

⇒簡単なアプリが作成できます。また、一番のメリットは海外レベルのコードの書き方を教えてくれることです。

サブスク型のサービス「侍テラコヤ」

侍テラコヤの特徴は以下です。

  • 入会金がない
  • 月々1980円〜と破格
  • 掲示板があり、質問に即座に返答してくれる
  • 月イチでレッスン受講可能

侍テラコヤ

こちらはPythonやPHPを学ぶならコスパが超良いのでおすすめ。本を買うなら、こちらをやったほうが良いかなと。

また、月イチでレッスンを受けられるのもポイントが高いです。

独学が無理なら無料の職業訓練かスクールを使う

基礎から実践までは職業訓練、またはスクールでも学べます。独学が無理なら活用することをおすすめします。

ハローワークの職業訓練のコース一覧

27歳以下なら無料スクールもおすすめ

ProgrammerCollege(プログラマカレッジ)

スクールで学ぼうが、独学で学ぼうが、一番大事なことはプログラミングを本当に学びたいのかということです。

やる気がないと、スクールに行くことが無駄になる可能性があるので注意してください。

エンジニアに転職して良かった・悪かったこと

job-change-merit-demerit

悪かったこと

  • 内向的な人が多い
  • 人との関わりが減った
  • 飲み会好きが少ない
  • 問題が起きると大変

ボクが関わった現場のエンジニアに関してですが、内向的な人が多かったです。飲み会とかもあまり好きな人は少なくて、それよりは、自分の時間を大切にしている人が多い印象。

話好きな人もいますが、ゲームの話が多いので、ゲーム好き同士はかなり仲良くなってますね。ボクはゲームやらないので、、

エンジニアの仕事は、バグとかが見つかると、緊急対応をしないといけないときがたまにあります。程度によりますが、やばい問題のときはPCに長時間ずっと張り付いていないといけないので、きついときがあります。

ボクは人と関わっていたいタイプだと、エンジニアになってよりわかりました笑

緊急対応は割り切ってやるしかないですね!

my-icon
ゲーム好きなはゲーム仲間できますよ!

良かったこと

  • リモートワークが可能で、どこでも働ける
  • 時間に縛られない
  • 金銭的に余裕ができる

軽く例をいくつか上げてみます。

知人のエンジニアは釣りが好きなので、海の近くに引っ越して楽しそうに暮らしています。(リモートワーク可のため)

昔の会社のボクの後輩は「家で仕事しているから、昼間サボっても夜仕事できるので、めっちゃいいですよね。」と言ってました笑

週3以下の仕事も全然あるのと、週3でも暮らしていけるくらいのお金は稼げます。ボクの知人は実際に週3リモートワークで働いています。

週5だと、独立すれば歴3〜5年目くらいでも年収800万はいきます。※歴数におけるフリーランスの平均がそれくらい。

という感じで、ボクは結構エンジニアは良いことづくしだと思っています。(大前提として、仕事ができればですが、、)

みなさんも、時間とか場所とかに囚われずに、金銭的にも余裕を持ちたい方は、エンジニアおすすめです。

まとめ

ここまでのまとめです。

企業を選ばなければエンジニア転職は簡単

30代からの転職は難易度が上がる

大企業にいきなり転職したい場合は難しい

エンジニア転職はメリットが大きい

もし、エンジニアになろうと決意したのであれば、まずは本当にプログラミングを続けていけるかどうか、自分で学んでみて感触を掴んでください。

転職はプログラミングの学習経験が多いほうが圧倒的に有利なので、今日からでも勉強していきましょう!

おすすめはUdemy侍テラコヤです。

最後まで記事を読んでいただき、どうもありがとうございました。

エンジニアになって、理想の生活が実現できることを応援しています。

また、みなさんの転職がうまくいくことを、祈っています。

Scroll to Top